京都シナリオ技術研究所


目標は三銃士を書いたアレキサンドロデュマの創作工房、デュマの工場。ハリウッドでは一つのドラマシリーズに20人の監督、50人のライターが参加することもありますが、そんなことが可能なのはコミュニケーションインターフェースになる「方法」が揃っているからです。そういう「方法」を身につければヒットコンテンツの制作チームに参加することも可能です。

 

月謝は月一万二千円。日本で広く使われている教科書の課題をベースに五十本の短編シナリオを書いてもらいながら、ハリウッド流の脚本執筆の技術を学んでいただき、その後、シナリオコンペを目指して長編脚本開発の伴走も致します。入選の後は、東京の事務所が映画制作会社、テレビ局などに営業をします。オンラインでも可能です。入校は随時。

ご連絡は下記、運営会社まで。